〒885-0001 宮崎県都城市金田町3132-7

TEL:0986-38-0120

オーソモレキュラー療法

インプラント インプラントは、歯が無くなった部分に人工の歯を埋め込む治療法です。 ホワイトニング ホワイトニングは、白くて美しい歯を取り戻す治療法です。 審美歯科 審美歯科は、見た目、機能的に改善してくれる治療法です。 咬み合わせ 咬み合わせの改善は、身体全体の改善にもつながります。 オーソモレキュラー.jpg

Contents Menu

HOME»  オーソモレキュラー療法

オーソモレキュラー療法とは

オーソモレキュラー療法(orthomolecular medicine)は、我が国では「栄養療法」「分子栄養学」「分子整合栄養医学」とも称され、栄養素-適切な食事やサプリメント・点滴、糖質コントロール-を用いて、わたしたちの身体を構成する約60兆個の細胞のはたらきを向上させて、様々な病気を治す療法です。

海外では1960年代より、精神疾患領域の治療として応用され始め、今では、その応用範囲はほぼすべての医療分野に及ぶまでになりました。

こんにち我が国においても多くの医師がこれを学び、全国の医療機関(約1,200施設)において、オーソモレキュラー療法が日常診療に取り入れられ、そして素晴らしい成果が着実に上がっています。

以下は、オーソモレキュラー療法を実践される先生のブログからの抜粋です。オーソモレキュラー療法の本質を簡潔にして明確に解説されていますので、ご了解をいただいた上でここに抜粋いたしました。

医学を学んだ方ほど栄養療法やサプリメントは異端というイメージを持っているようです。大きな誤解です。栄養医学でも、西洋医学(つまり科学)で知ることが出来た体の仕組みや病気の原因を基本にして問題を解決しようとしています。使っている原理は同じ、違うのはアプローチの仕方です。

木の根元に病原菌が巣くっているとします。枯れてきた葉っぱや枝を刈り取っても木全体の力は弱り、また新しい場所の枝葉が枯れていきます。人間も同じです。人という一つの大きな代謝システムをイメージしてください。奥の根っこの方に何か不調があったとします。血圧が上がるとか、湿疹が出来たとか、髪の毛が抜けるとか、最近お腹が出てきたとか、血液検査では血糖値やコレステロールが高いとか・・・。これらの異常は表面に出てきた症状であって、一時的に薬で改善しても奥にある問題は解決していません。

栄養療法は根本的な原因を改善することを目的としています。

例えば、生活習慣病といわれる高血圧や糖尿病、高脂血症などの多くは、内臓脂肪の異常な肥大が原因です。内臓脂肪が出す様々なホルモン様物質や炎症のもとになる物質が病気の原因になっています。内臓脂肪を減らすような効果的なやせ方が出来れば、多くの問題が解決します。内臓脂肪を増やすのはインスリン、インスリンの分泌を増やすのは血糖値の上昇、だから血糖値を上げないようなものを食べよう! という具合です。

実際に、要点をしぼって食事療法をしていただくと本人も驚くほど短期間で効果があがります。体は体の理論通り正直に変化するので当たり前といえば当たり前です。栄養療法では当たり前の体の働きに注目してそれを少しだけ後押ししています。

様々な病気に対して栄養療法は根本的な原因を診断してアプローチしています。その結果、薬を使わず本来持っている体の働きを利用して目覚ましい効果をあげているのです。

(ひめのともみクリニック 内科医 西澤真生先生ブログより抜粋)

オーソモレキュラー療法【3つの輪】

オーソモレキュラー療法は、3つの輪から成り立つ、と考えてよいでしょう。

1つめの輪は、「栄養療法」(栄養アプローチ)です。人間には元来、自然治癒力が備わっています。その自然治癒力を最大限発揮するための要素は、実は栄養なのです。栄養素の過不足は、血液検査データから読み取ることができ、必要な栄養素はおもにサプリメントから補います。

2つ目の輪は、「血糖調節」(食事コントロール)です。通常は滑らかな曲線を描くはずの血糖カーブが、何らかの原因により乱高下を繰り返す(もしくはフラット)ことにより体調不良を訴える方が最近とくに増えています。血糖調節は、食事(糖質)のコントロールやサプリメントの利用で可能となります。

3つ目の輪は、「高濃度ビタミンC」点滴療法です。ガンなどの悪性疾患、精神疾患、皮膚疾患などが対象です。

オーソモレキュラー療法【治療の流れ】

多くの薬を使用しても病気のコントロールができない。人間ドックや健康診断で「異常なし」にもかかわらず体調が思わしくない-それは現代医療に『栄養の視点が欠落しているから』と、わたしたちは断言します。

すべては血液検査から始まります。

オーソモレキュラー療法に携わるわたしたち医師は、何よりまず初めに詳細な血液検査(約60~70項目)を行います。血液検査データを詳細に“栄養解析”することにより、顕著な異常・隠れた異常を発見し、病態との相関性を明らかにします。そして主としてサプリメントを用いた栄養の積極摂取と、ひとりひとりの病態・嗜好・ライフスタイルを受容した上での糖質制限を主軸においた丁寧な食事の提案、時には「高濃度ビタミンC」点滴療法を適用し、ひとりひとりが持つ自然治癒力を最大限に引き出すアプローチをすべての土台として治療を開始します。

サプリメントによる栄養摂取

オーソモレキュラー療法では、多くの副作用を持つ化学合成の薬に頼らず、わたしたちの身体が本来持つ自然治癒力を最大限発揮させるために、必要な栄養素を、食事の内容調整を行った上で、主としてサプリメント(自然界に存在する栄養素がベース)を使って補うケースがほとんどです。

これは、「生体をその自然治癒機能を充分に発揮できる状態に整える」という、オーソモレキュラー療法の基本に基づいた、すべての治療アプローチの根幹をなす方法論です。

また、わたしたちが使用するサプリメントはすべてGMP(Good Manufacturing Practice)とよばれる医薬品の製造に際してその効果や安全性を確保するために設けられた厳しい基準を満たす日本国内の工場でのみ生産された、医療現場での医師の使用に耐えうる高品質・高濃度・高純度の製品を使用します。

コミュニケーション

自分の体の状態や、治療法に感じる不安や疑問などを解消することは、病気の治療でとても重要なことです。たとえば、心臓病、糖尿病、胃潰瘍、アトピー性皮膚炎、自律神経失調症、更年期障害、肥満などはストレスによって急激に症状が進行します。

オーソモレキュラー療法では、十分な知識と経験を持つ医療スタッフが、医師の指導の下、血液検査データと愁訴・その背景にある食事やライフスタイル等、をカウンセリングを通じてコミュニケーションし、的確な栄養素と食事の提案、生活スタイルの改善指導によって、治療を進める患者様の不安や疑問に対応します。

オーソモレキュラー療法の詳しい内容

PAGE TOP