〒885-0001 宮崎県都城市金田町3132-7

TEL:0986-38-0120

審美歯科

インプラント インプラントは、歯が無くなった部分に人工の歯を埋め込む治療法です。 ホワイトニング ホワイトニングは、白くて美しい歯を取り戻す治療法です。 審美歯科 審美歯科は、見た目、機能的に改善してくれる治療法です。 咬み合わせ 咬み合わせの改善は、身体全体の改善にもつながります。 オーソモレキュラー.jpg

Contents Menu

HOME»  審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは保険診療では使用できない、より綺麗でより自然な材質を用いた歯科治療のことをいいます。
保険診療では使えない材質の詰め物や被せ物となりますので自由診療扱いとなり、治療費も割高・高額となります。
近年では欧米の影響を受けて日本人の歯への意識も高まっており、「前歯だけ自費診療」という方も増えています。
天然歯と変わらぬ自然さで、より綺麗な治療を施すことが審美歯科なのです。

セラミッククラウン

歯の全面にセラミック製のクラウン(冠)を被せ、しっかりと固定する方法です。
削った歯の型をとり、その歯型によってセラミックで製作したクラウンを合わせて、歯の色や形、歯並びなどの審美的要素をバランス良く修復し改善するものです。

セラミックの持つ特殊な材質を十分に生かし、本来の健康な歯と同じかそれ以上の色や形を再現しますので、きわめて審美的効果が高い方法と言えます。
この治療の適応性は、位置がずれている歯、変色している歯、重度の虫歯、奇形歯、金属アレルギーの人などです。

また、この治療の利点は、金属を全く使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して受けることができること。

そして自然歯のような仕上がりになる事も上げられます。
欠点としては、歯を大幅に削る必要があったり、あらかじめ神経の処置が必要になる場合があります。

ジルコニア

ジルコニアはダイヤモンドの代わりとして使われるほど、セラミックの中でも優れた審美性・耐久性のある素材です。
今までのセラミックでは強度不足だったので、金属が使われていましたが、 奥歯の被せ物のジルコニアクラウンやジルコニアブリッジができるようになりました。
そのため、現在ではほぼすべての治療が金属を使わずに行うことができます。
また、ジルコニアは身体に優しい素材が用いられており銀歯のように 金属イオンが体内に流出する危険性がありません。

ジルコニア・料金

通常 100,000(税別)

メタルボンド

歯の全体にメタルを被せ、表面にセラミックを焼きつけて歯の白さを再現する方法です。
適用できる範囲が広く、変色歯はもちろんの事、大きさの不揃いな歯、歯根部分だけしか残っていないような場合にまで対応可能で、見事に美しい歯が再生されます。
利点は、審美性の高いセラミック、耐久性の高いメタルの両方の長所を兼ね備えた治療法です。
欠点は、金属部分が溶け出し、歯茎に着色して、灰色になる場合があります。

セレック

セレックとは、これまでの補綴物をたった1回の通院で完成させる画期的なシステムです。
歯の形を直接口腔内で特殊なカメラで立体的に撮影し、それをもとにセラミックを加工します。よって、従来の型どりからの作成ではありませんので、その日のうちにオールセラミックの歯冠修復が可能になります。

セレック・料金

通常 40,000円(税別)
ステイン入り 65,000円(税別)
インレー 20,000円(税別)

セレック・治療の流れ

  1. 虫歯の部分または金属の詰め物の入っている部分を削ります。
  2. 歯の形を専用のCCDカメラで撮影し、コンピュータに3次元データとして取り込みます。
  3. 3次元データをもとに、『セレック3』でセラミックの削り出しを行います。
  4. 出来上がったセラミックをセットし、治療完了です。

※治療期間・時間は治療内容等により、多少異なる場合があります。

審美歯科症例

審美治療1


  • 術前

  • 術中

  • 術後

左上の真ん中に近い歯の根にひびが入っており、歯茎の腫れを繰り返しておりました。炎症が続くと骨が徐々に無くなっていきますので、この歯を抜きました。
その歯の両サイドの歯は、以前に治療のされていない歯でしたので、削るにはもったいないので、抜歯と同時にインプラントを入れ、仮歯を作りました。その後、半年程置いて、ポーセレン(陶器の歯)を入れました。

審美治療2

術前

   
   

術後

   
   

(術前)
右上や左右の下の奥歯が無く他院にて入歯を作ってもらったとのことですが、違和感が強くはめられないとのことでした。前歯に入歯のひっかけがなく、左右を金属でつながないようにして咬める方法はないかということで来院されました。
奥歯がない状態で食事をされていましたので、左上の前歯に無理がかかっており、また前歯が前に傾斜して歯と歯の間がすいている状態でした。

(術後)
右上、左下に2本、右下に1本のインプラントを埋入し、さらに前方に広がった前歯を矯正で中に戻し、上の歯は、ポーセレンをかぶせて固定しました。入れ歯ではなく冠が入った咬み合わせができ、また歯の並びや咬み合わせが整ったことで、姿勢も良くなり、肩こりが消えたとの事でした。

審美治療3(術前)


  • 右側臼歯部

  • 上顎部

審美治療3(術中)


  • 右側臼歯部(拡大)

  • 上顎部(拡大)

審美治療3(術後)


右側臼歯部

右上Eが長く残っていたケース。
この患者さんは右上Eが長く残存。根の吸収は、進行してきており抜歯しました。(術前の写真)
抜歯後歯肉が治癒したときの写真。(術中の写真)
このようなケースでは、ブリッジ、義歯、インプラントのいずれかで咬めるようにする。
この患者さんでは、前後の歯を削らず、また審美的にも良いインプラントを選択されました。(術後の写真)

審美治療4(術前)


  • 右側臼歯部

  • 正面部

  • 左側臼歯部

左下の奥歯を抜いてそのままにしていたケース。
右咬みを長くしていた結果、右下の金属ははずれ、咬み合わせは深くなり、歯と歯の間は開き、前歯の負担も強くなり、中央で割れています。

審美治療4(術後)


正面部

広がった歯と歯の間を矯正で狭め、奥に入れ歯を入れ、奥歯で咬めるようにし、歯の並びを整えました。

PAGE TOP