〒885-0001 宮崎県都城市金田町3132-7

TEL:0986-38-0120

インプラント

インプラント インプラントは、歯が無くなった部分に人工の歯を埋め込む治療法です。 ホワイトニング ホワイトニングは、白くて美しい歯を取り戻す治療法です。 審美歯科 審美歯科は、見た目、機能的に改善してくれる治療法です。 咬み合わせ 咬み合わせの改善は、身体全体の改善にもつながります。 オーソモレキュラー.jpg

Contents Menu

HOME»  インプラント

インプラントとは

インプラントとは、生体親和性の高いチタンでできた人工歯根のことです。インプラント治療は、人工歯根を植え込み、「歯の土台」をつくり上げることで、「咬む力」「健康な歯への影響」などの問題点を解決し、極めて自然歯に近い、歯をつくり上げることができます。
そのことからインプラントは、乳歯、永久歯に継ぐ「第三の歯」と呼ばれています。 従来は、虫歯や歯周病で歯を失ったり、加齢で歯が抜けたりした場合、これまでは入れ歯やブリッジといった治療法が一般的でした。
しかし、入れ歯の場合は、「装着時の違和感を感じやすい」、「自然な歯の外観を維持しにくい」、「変化する口内環境に合わせるため数年毎調整が必要」などの問題点があり、ブリッジの場合は「土台となる歯を抜く必要がある」などの問題点がありました。それらの問題点を解決したのがインプラント治療です。

従来の治療法との比較

歯を1本失った場合

保険治療
周りの健康な歯を削ってブリッジ、もしくは一本義歯にします。
インプラント
健康な歯をまったく削ることなく、歯のない部分にインプラントを埋入します。

歯を数本失った場合

保険治療
入れ歯を固定するため、健康な歯にバネをかけます。
違和感があり、バネをかけた歯に負担がかかります。
インプラント
歯のない部分にのみ、インプラントを埋入しますので、健康な歯に負担をかけません。

歯を全て失った場合

保険治療
総入れ歯を作製し、歯肉との吸着力で支えています。
咬む力が弱く、食べ物が内側に入り、痛みを伴う場合もあります。
インプラント
インプラントが顎の骨にしっかりと固定され、ガタつきがなく、安定します。

インプラント治療の流れ

1.審査・診断・治療計画

インプラント治療に必要な審査を行い、治療が可能かどうかの診断を行います。
治療可能な場合は、患者さんと相談しながら治療計画をたてます。

2.インプラント埋入手術

インプラントを埋入する部位の歯肉を開き、顎の骨にインプラントを埋入します。
インプラントが骨にしっかり結合するまで約3~6ヶ月程度待ちます。(この間、必要に応じて仮歯を入れますので、日常生活に差し支えありません。)

3.アバットメントの接続

人工の歯を支えるためのアバットメント(支台部)をインプラントに接続します。

4.人工歯の装着

歯を作製するためにお口の中の型を取ります。
作製した人工の歯をアバットメント(支台部)に装着して完成です。

5.メンテナンス

インプラントの形や特徴をよく理解した上で、担当医の指導に従ってブラッシングを行い、歯垢や歯石の沈着を防ぎます。
歯を長持ちさせるために、定期的に担当医の検診を受けることをおすすめします。

ライトタッチレーザー


ドリルを使わずに穴を開けています。

ライトタッチレーザーは熱侵害がなく、金属を使うインプラント治療にも最適です。
メスやドリルの代わりに、ライトタッチを使うと予後の腫れや痛みがほとんどないかとても少なくてすみます。

インプラント治療症例

インプラント治療1(術前)


  • 右側臼歯部

  • 左側臼歯部

  • 上顎部

  • 下顎部

  • 正面部
  •  

インプラント治療1(術中)


  • 右側臼歯部

  • 左側臼歯部

  • 上顎部

  • 正面部

インプラント治療1(術後)


  • 右側臼歯部

  • 左側臼歯部

  • 上顎部

  • 下顎部

  • 正面部
  •  

上顎は右上に3本のみ歯があります。右下は奥歯が3本しかありません。このような患者さんでは、入れ歯で広く覆い、残っている歯にひっかけを作ります。そうすると違和感が強く、審美的にもよくありません。ですから、左上にインプラントを3本入れることにより、できるだけ覆う範囲を狭くし、また歯もハイブリッドで作り、天然の歯に近づけ、咬む力を骨が受けることにより、咬む力も弱くならないようにしてあります。下の方は、今ある歯に金属を被せることにより、ひっかけの無い入れ歯にしてあります。

インプラント治療2(術前)


  • 右側臼歯部

  • 下顎部

インプラント治療2(術後)


  • 右側臼歯部

  • 下顎部

右下の一番前の奥歯がありません。
このような患者さんでは、前歯を削ってつなげるブリッジにするか、1本だけの入れ歯を作るしか保険内ではできません。
前後の歯を削るのはもったいないので、インプラントを歯の無いところに入れてあります。

インプラント治療3

  • 1

  • 2

  • 3

  • 4

  • 5

  • 6

  • 7

  • 8

  • 9

  •  

左上4番歯根破折にてExtし、その後インプラント埋入しセレックをセットした症例です。

ミニインプラント治療

左下に1本だけ歯が残っております。しかし、骨が無く利用はできません。下の入れ歯が動き、それにより食事中に食べ物が入るのが気になるとのことでした。
このように歯を抜いて数十年も経過すると歯があったところの歯茎(土手)の部分はやせていきます。
この患者さんでは、上の入れ歯や歯並びを整え、咬み合わせを調整しましたが、どうしても入れ歯が浮きやすい状態でした。そこで左下の利用できない歯を抜き、下顎の前歯があった部分にミニインプラントを4本入れ、入れ歯の浮き上がりを抑えたところ、何でも咬めるようになりました。

PAGE TOP